BLOG

ブログ

口腔外科的疾患(顎関節症)

お口を開ける時に痛みを生じたり、開きづらくなったりする症状がある時は、顎関節症の可能性があります。

この原因には様々なものが挙げられますが、その中の一つにTCH(歯牙接触癖)というのがあります。

本来、上下の歯牙が接触している時間は、1日20分くらいが望ましいとされています。

これは、3度の食事をしたり、日常会話をする時に歯が接触する時間の合計くらいになるそうです。

しかし、これ以外の時間にデスクワークや家事などしている際に無意識に上下の歯を接触させている人が多数います。

この上下の歯を接触させる癖を、TCH(歯牙接触癖)といいます。

TCHは無意識におこなっている人が大半です。なので、普段から”歯をあてない”と意識づけする事が重要とされています。

具体的には、唇をそーっと閉じた状態で歯をあてないようにする事を心がけるとか、冷蔵庫や玄関などに”歯をあてない”と書いたシールを貼ったりする工夫をしたりします。

歯がしみるといった症状がある方にも、TCHがある人が多いように思われます。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。

Archives

ご予約・お問い合わせ

休診日 / 水曜・日曜・祝日

ページトップ

ご予約・お問い合わせ

午前/ 8:30 ~ 12:30  午後 / 14:00 ~ 18:00
休診日 / 水曜・日曜・祝日
※土曜日の午後は17:00 まで